訪問販売はNG 外壁・屋根塗装 クーリングオフ

  • 2016年05月20日

昨年、工事をさせて頂いたお客様からお電話を頂いたので、ご自宅にお伺いしました。

どうやら外壁塗装の訪問販売の業者が来たようで、

お客さんも不安になり連絡をくれたようでした・・・

最近よく相談をいただく、外壁塗装の訪問販売がよく使うパターンをお伝えします。

 

 

外壁塗装をするのは、高い買い物ではないですよね。

外壁塗装の悪徳業者でよくあるのは訪問販売です。

では、なぜ多いのか・・・

定価がない、他社との相見積もりをさせる時間を与えない。

 

 

【訪問販売はNG】

外壁塗装、屋根塗装は非常に訪問販売が多い工事です。見積もりに来たその場で口約束で工事を決めてしまう。相見積もりを取らせたり、考える時間を与えない為に即日に契約を迫ってきます。悪徳業者のよくあるパターンを下記にまとめましたので、お客様も自衛の為にもお読み下さい。

 2014-11-19-09.06.45-500x281

 

《悪徳業者よくあるパターン》

その1:「ただいま近隣で作業しているので、今なら足場代を半額で提供できますよ」

 

その2:「通常、この建物なら180万円程度かかるのですが、モニター価格で50万円値引きします」

 

その3:「本日契約して頂ければ、キャンペーン価格で大幅に割引します」

 

その4:「外壁塗装のタイミングですよ、痛みが酷いので水が回ってますね。このままだと大変なことになりますよ」「屋根の点検を無料でさせてもらいますので」と言って、屋根に登り、何ともないのに瓦を割り「お客さ~ん、瓦が割れてるのですぐに修理しないと、雨漏れしてますよ」

 

 

このようにお客さんの心理を利用してモニター価格、キャンペーン価格という言葉でお客さんの心理を利用し、当日に契約に持っていくパターンです。なぜ、急いで契約を迫ると思います?

訪問販売は、他社からの見積もりを取る隙を与えないように即決が基本です。即決を迫る業者には注意が必要です。

もし、契約をしてしまってもクーリングオフの期間内であれば、契約解除を行う事ができます。